今日の音楽

2014年7月13日 (日)

サンダーバードの日本語主題歌

いつの頃からかBlogがすごく面倒臭くなってしまい、2年以上もブランクが空いてしまった。

久しぶりに書こうかなと思ったのはYouTubeで懐かしのサンダーバードの動画を見たことだった。いろいろ調べたりして意外なことが判ったので自分の備忘録としてまとめておこうというのが趣旨。



この日本語主題歌ってサンダーバードのテーマの一部分に日本独自で歌詞(作詞:滝田順)をつけて1966年の放映途中?から使われたらしい。しかも複数のバージョンが再放送時に作成されていて、どの年代の放送を見たかによってその人の懐かしさが変わるらしい。僕の世代だと上のYouTube動画に懐かしさを感じるわけだな。だけど80年代や90年代に再放送見てた人だと俺の聴きたいのはこの曲のバージョンじゃないよってこともあるってわけだ。全くややこしいね。サントラとかどうなってんだ?ってことでちょいと調べてみた。

続きを読む "サンダーバードの日本語主題歌"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

Aria Asia 【Club Quattro 2009.9.9】

Ar2

 

昨年の6月の日記で書いた「Aria Asia」のライヴに昨晩行ってきました。昨年はブレイク直後の頃でまだアコースティックデュオの形態でしたが今回はバンドでの演奏。YouTubeに以前から沢山アップされているので演奏自体は知っていたのですが今回は実験的な試みのワンマンライヴだとのこと。

さすがに待ち時間も含めて4時間近いスタンディングは足にかなりダメージがきましたがとても楽しめたライヴでした。演奏は19時過ぎから始まり休憩無しで21時45分ぐらいまでだったでしょうか。今回は多数のゲストが入りいろいろなユニットで演奏されたのでなかなか面白かったです。BGMには波の音、そして戦艦大和の逸話のナレーションが途中で入ったりします。ゲストの楽器奏者は入れ替わりでバグパイプ、ニ胡、キーボード、三線、ヴィブラフォン、和太鼓、ボーカルやDJのかたまで...途中ゲストボーカル曲の後に「カタカナ」というバンドが3曲演奏していました。このバンドもこれから活動拠点を沖縄に移すそうです。

続きを読む "Aria Asia 【Club Quattro 2009.9.9】"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 2日 (土)

町田でJAZZ

町田でJAZZ
町田でJAZZ
本日の三軒目は町田でJAZZライブ。
ただいまイパネマの娘やってます。
二軒目でしっかり寝たので起きましたよ。
フォア・ローゼスの水割りが美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

Aria Asia インストア・ライヴ

Aria_asia4月のブログにVIOLIN EXPLOSIONのライヴについて書いたのですが、管理人はヴィオリン入りの音楽はかなり好みです。ヴィオリン入りのロックではプログレのPFMから始まり、キング・クリムゾン、サグラド、ヴィオリン入りのZabadakで金子飛鳥、太田恵資を知り、ジャズの寺井尚子...いろいろな人のを聴いてきました。先日YouTubeの検索で知ったのがこのかた。ストリート・パンク・ヴィオリンというすごいまくら言葉が付いていましたが所謂パンクロックではありません。のっけから速いパッセージのケルト曲「Toss The Feathers」(コアーズの名曲)なんかのカヴァーを演奏している映像ですっかり魅了されてしまいました。「Aria Asia」は音大出身のヴィオリニストAria(相澤アリア)の参加するユニット名です。彼女は2005年~2007年までは「BlazE SpinT」というフルートとDJの3人組ユニットで活動していました。元Do As Infinityのリーダーとしてや浜崎あゆみ等の作曲家として知られる「D・A・I」こと長尾大とのユニットで今年5月にインディーズCDを製作しデビューに至っています。普段はこの2人で渋谷等でストリート・ライヴを実施しているようですが、最近はキーボード、ベースとドラムを加えたバンド・スタイルでもライヴ・ハウスに出演しているみたいです。

是非生で聴いてみたくなったので今日は世田谷区の桜丘にあるTSUTAYA馬事公苑店のスターバックスのテラスでのインストア・ライヴに行って来ました。

続きを読む "Aria Asia インストア・ライヴ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

VIOLIN EXPLOSION 2008

Violin2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『東京・江戸川区発、最先端ヴァイオリンミュージック!日本を代表するポピュラーヴァイオリニスト中西俊博、太田惠資に新進気鋭の喜多直毅を加えた初の顔あわせとなるステージ。』VIOLIN EXPLOSION 2008というコンサートに行ってきました。

●出演:
  中西俊博(ヴァイオリン)
  太田惠資(ヴァイオリン)
  喜多直毅(ヴァイオリン)
  竹中俊二(ギター)
  佐藤芳明(アコーディオン)
  鳥越啓介(ベース)
  海沼正利(パーカッション)

若手のバックメンバーも何気に実力のある方々で、佐藤氏を除く3名は中西俊博の爆裂クインテットのメンバーですし、各々別々に喜多直毅や太田惠資諸氏との演奏経験があるようです。

コンサートは10分の休憩を挟んだ2部構成で、1部はそれぞれのヴィオリニストが交代でメインを務め、2部は2人でとか3人での共演といった形態での演奏でした。

太田さんの出演するコンサートはZabadakを初めとして何度か見たことがあり、風貌もしゃべりも独特なのは知っていたのですが今回もなかなかやってくれました。彼が出てきてしゃべるだけで会場は大爆笑。でも実は演奏自体はとても繊細だったりするのです。ほんとこの人最高!今回も得意とするアラブ系のジャズ・ロックっぽい演奏がメインでした。どの曲か忘れましたがいつものコーラン・ボーカルに加えてホーミーまで披露。ホーミー聴くのはアルティのボーカル以来でした。凄い技です。

喜多さん、中西さんは生で観るのは初めてでした。喜多さんは3人の中では72年生まれなので56年生まれの中西さん、太田さんとはひと回り以上年下のかたです。タンゴ/ハイパータンゴの演奏で注目されているようですが今回の演奏は非常にアグレッシブなジャズ・ロックっぽい演奏でした。先輩達に負けない熱い演奏を聴かせてくれました。

そして中西さん、こちらはケルト、ボサノバ、ファンク・フュージョンとバラエティにとんだ演奏でしたね。キャリアも長いですし何でもできる感じのかたです。なんとなくニュー・エイジ・ミュージックを演奏するかたのイメージだったのですが速いパッセージも軽くこなしますしかなり自分の中でのイメージが変わりました。

2部のほうは有名なジャズ・ヴィオリニスト、ステファン・グラッペリの演奏したナンバーとインプロヴィゼーションやユニゾンの多い太田さんの曲がメインといった感じでした。コンサートは全体的に激しい演奏が多かったので癒し系の中西俊博のイメージで観に来られたかたはきっと唖然とされたことでしょうね。前に座っていらしたおばさまがたは6-70代と思われましたが大丈夫だったでしょうか???

続きを読む "VIOLIN EXPLOSION 2008"

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2008年2月16日 (土)

バート・バカラック生誕80周年記念コンサート

Bb1_3

初日の東京国際フォーラムでのコンサート行ってきました。バカラックは今年80歳だそうです。亡くなった僕の父よりも歳上なのにとても元気なかたです。年齢的に次に日本でコンサートがあるかどうか判らないので今回はちょっと奮発してみました。先行販売でチケットを購入したのですが席は微妙な位置....前のほうなのですが一番端なのでベース、キーボードのかたが全く見えません。バカラックはピアノから立ったときにだけ正面に見える位置で、右のアンプの正面辺りの席でした。今回は東京ニューシティ管弦楽団のフルオケが入ってましたので欲を言えば中央の席で聴きたいところでしたね。

僕のバカラックとの出会いは中学の時のお昼休みのBGMでした。お弁当の時間になると『エイプリル・フール/April Fools』、『ジス・ガイ/This Guy's In Love With You』や『世界は愛を求めている/What The World Needs now is love』とかが毎日かかるので耳にタコの状態でした。その後は特にのめりこんで聴くこともなく、大学生の時にバックにクロスオーバー・フュージョン系のミュージシャンが参加しているからという不純な動機で『Futures』を購入、社会人になってベスト盤を数種類購入、昨年紙ジャケが出た際にディスク・ユニオンのまとめ買いボックスを買ったという感じです。それと思い出したのが、いつの頃かは定かでないのですが子供の頃にTVで恐竜の番組をやっていて、気候の変化で恐竜達が滅んでいくシーンで使われていた曲名も知らないBGMがとても印象的でした。この曲がバカラックの『素晴らしき恋人たち/Wives And Lover』と知るまでに何年もかかっているのですが今でもこの曲が一番好きかも知れません。

続きを読む "バート・バカラック生誕80周年記念コンサート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

PILOT初来日公演

Pilot

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今晩チッタ行ってきます。
PILOT初来日公演
イアンがこないのは残念だけどね...

今から30数年前、QUEENがまだ駆け出しの頃、ポストBEATLESはPILOTかQUEENかと言われていたのに、BAY CITY ROLLERSに先を越され、結局10CCとALAN PARSONS PROJECTに吸収されてしまったPILOT。
知る人ぞ知るバンドです。
メンバーのデヴィッド・ペイトンは一時期リック・ウェイクマンのツアー・バンドでベースを弾いていました。

Magic - Pilot

Pilot January

Pilot Just a smile

Pilot Canada video

Pilot, Penny In My Pocket

-------------------------

【当日の感想とセットリストを追記/YouTubeからスライドショウ追加】↓

続きを読む "PILOT初来日公演"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

こどもの日なので

子供の声が聴ける曲を聴いてみたくなりました。可愛い歌声に心が癒されますね。

(リンク先で試聴が可能です。)

Patience_and_prudence B00005ujib09lzzzzzzz_1 Sp

 

 

 

お勧めの曲
・Patience and Prudence  「Tonight You Belong To Me」
・Claudine Longet  「Happy Talk」
・The Sandpipers & The Mitchell Singing Boys  「The World Is A Circle」

続きを読む "こどもの日なので"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

横濱ジャズプロムナード2006

Program 友人2人と横濱ジャズプロムナード2006の2日目に行ってきました。

http://www.jazzpro.jp/2006/

友人のうちの1人は2005年のジャズプロ直後、体調の不調で長いこと入院していたのですが先日退院し今年も一緒に行くことができ感激もひとしおです。昨年はあいにくの雨だったのですが今年は台風も去り、空の色もとても鮮やかな快晴でまさに散歩日和でした。

横浜ぶらぶら歩きの写真はこちら

続きを読む "横濱ジャズプロムナード2006"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

2006本牧ジャズ祭

P8270021 今年も本牧ジャズ祭に行ってきた。今年で26回目だそうなので管理人が学生の時からずっと続いている。今日は学生時代の友人と一緒だったのだが昼間っからビールを飲みながらジャズを聴くのはなかなか気持ちが良い。そもそもこのイベントはかなりオープンな感じでバーベキューはできるし、ステージ前にはスタンディング・ゾーンもあるし煙草も喫煙所に行かなくても吸えてしまう。ゆったりした感じのイベントで家族連れや小さな子供まで一緒に楽しめるのである。ステージ前で踊るも良し、ピクニック気分でバーベキューも良し、お酒を飲んで寝るのも良し、ビーチサンダル飛ばし大会に参加するのも良しだ。

http://www.honmoku-jazz.com/

続きを読む "2006本牧ジャズ祭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧