ロジャニコ A to Z (N)

2008年12月 7日 (日)

Nobody Knows

Eddiemoneyplayingforkeeps今回取り上げる作品はエディ・マネー(Eddie Money)の「Nowbody Knows」なのですが、結論を先に言ってしまうとこれはロジャー・ニコルスの作品ではありませんでした。エディの3作目で1980年のアルバム「Playing for Keeps」に収録されています。そもそもこの作品を知ったのはFM放送『山下達郎サンデーソングブック』2007年05月06日 ロジャー・ニコルス特集 Part 3での達郎さんのコメントでした。へぇずいぶんタイプの違う人とのコラボレーションだなとは思いましたが、CDを購入してみると確かにこの曲は『By R.Nichols, E.Money』との記載があります。購入当時All Music Guideで調べて見ましたが『Composed By Eddie Money/Roger Nichols』との記載があったので信じてしまっていました。きっと達郎さんも同様だったのではないかと思います。

続きを読む "Nobody Knows"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

Now / Heart To Heart

3200071230 Mariya Scof08

 

 

 

『Now』はカレン・カーペンターの死により1982年カーペンターズ最後の録音となってしまった作品。作詞はディーン・ピチフォード。この未完成音源はリチャードがカレンの遺作としてまとめあげた翌1983年の『ヴォイス・オブ・ザ・ハート』の1曲目を飾っています。実はこの曲のメロディ自体は1980年12月発売の竹内まりやのアルバム『Miss M』の中の『Heart To Heart』(作詞:竹内まりや)として既出です。ですからオリジナルは竹内まりやのほうということになりますね。またロジャー本人は1995年の『Be Gentle With My Heart』にてカヴァーしています。AOR全盛期の作品ですから当然そんな雰囲気に仕上がっています。

続きを読む "Now / Heart To Heart"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

No Love Today

Nolove_2 Mother久々の更新はロジャー・ニコルス作曲、ウィル・ジェニングス作詞の「No Love Today」という曲。作詞のウィルは何度もグラミー賞を受賞している有名な作詞家でエリック・クラプトンの「ティアー・イズ・ヘブン」、ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ「愛と青春の旅立ち」、スティーヴィー・ウィンウッド「ハイヤー・ラヴ」、セリーヌ・ディオン「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」等のヒット曲を持っています。この「No Love Today」は20世紀フォックス配給1976年公開の「走れ走れ!救急車(原題:Mother Jugs & Speed)」のサウンド・トラックの1曲となっています。ママス&パパスのミッシェル・フィリップスのボーカルがなかなか良く、しっとりとしたバラードで個人的には隠れ名曲だと思っています。今のところカヴァーは見つかっていませんが、サウンド・トラックアルバムには以前にも紹介しているピート・ジョリーのインストゥルメンタル・バージョンも一緒に収められています。

続きを読む "No Love Today"

| | コメント (0) | トラックバック (0)