« サンダーバードの日本語主題歌 | トップページ

2020年1月31日 (金)

東京2020大会仕様のデザインマンホール蓋の設置場所

もうずいぶん長いことブログを書いていない。元々は音楽ネタを書こう開設したのだけどYahooブログも閉鎖になったし、音楽ネタに拘らなくてもいいかなと。

 

そんなこんなで試しに今ハマってるデザインマンホールのネタでも書いてみよう。

 

Ephfe_lu8aigfem

 

昨年の12月に2020東京オリンピックのデザインマンホールが限定20枚設置されるとの発表があった。Twitterで誰かがどこで発見したとか単発で設置場所情報が出るものの、なかなか全部をまとめた情報は検索できなかった。自分はここ数日かけてなんとか19枚を探し出したのでここに記録しておくことにする。

 

ただし、設置場所の詳細やデザインの色は探すほうにとってはネタばれになってしまうので、リンクは分けて見たい人だけ見るようにしておきます。

 

設置場所のヒント

・夢の大橋周辺の歩道(5枚)
・代々木公園周辺の歩道(5枚)
・上野公園内及び周辺の歩道(3枚)
・井の頭公園内(1枚)
・日比谷公園周辺の歩道(5枚)
 (以上19枚は本ブログ記載時に設置済み)
・三鷹市内の自転車ロードレースコース(1枚)
 (本ブログ記載時は未設置、2月中旬設置予定とのこと    2/17設置済みです。これで20枚全て設置されました。

 

設置場所や種類詳細はこちらからネタばれ注意!
東京2020大会仕様のデザインマンホール蓋(5種、20枚)

(追記)

東京都下水道局からも2/20に設置場所が発表されたのでリンクしておきます。

東京2020大会仕様のデザインマンホールの設置場所について

案内図 pdf (447.3KB)

 

 

|

« サンダーバードの日本語主題歌 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンダーバードの日本語主題歌 | トップページ